自作したキーボードをここ数ヶ月ずっとメイン機で使っています。なかなかに良いです。で、「自分でキーボードケースとか印刷してみたいなぁ」と思ったこともあり、3Dプリンターの購入を決意

今回は、その話。

3Dプリンター選び

結論から言うと、今回は、Creality Ender-3 にしました。

最初、Amazon や kakaku.com の売れ筋チェックしたのですが、どれが良いのかわからず。

その後調べたところ、Prusa i3 というのがオープンソースのプリンターとしてあることを知りました。Prusa i3 プリンター自体は10万円くらいで高いのですが、そのクローンは2万円台から買えるみたいだったので、その中から選ぶ事に。オープンソースなら、足りない部分はあとで改造すれば何とかなるだろう、と思いましたし。検討した機種は下記の6つ(全部がクローンなのかどうかは不明)。

AnyCubic と Creality Ender-3 を比較した記事なんかは見つからなかったんですが、印刷性能はほぼ互角で、あとはセットアップの手間とかの違いだけみたいだったので、今回はお安い Ender-3 で。

Ender-3 と Ender-3 Pro の比較はこちらを参考に。印刷性能は変わらないとの事。ただ、買ってから気づいた事だけど、Pro の方は Y軸のレールが2つになってたりして、印刷台の安定性はそちらの方が良さそう。Pro でも良かったなぁ、と思う。

Ender-3 と CR-10 の比較はこちら。より大きなサイズのものが印刷できる。20cmよりも大きいサイズの物を印刷したい場合は、CR-10 または x5s を選んだ方が良さそう。例えば、60%サイズのキーボードのケースの印刷なんかにはこちらが必要。

なお、Prusia i3 は色々ハイスペックで、初心者向けみたいです。印刷性能はあんまり変わらんみたいですけど。

組み立て

AliExpress で発注してから、1週間ほどでブツが到着。100cmサイズのダンボールが届きました。

で、Ender-3 の鬼門?である組み立てですが、この動画を見ながらやると、1時間ほどでこんな感じ。正直、簡単でした。

が、実際はここからがちょっと長かった。印刷する台がプリンターヘッドのXY軸の動きに対して平行でないといけないのですが、その平行を出す方法がマニュアルに記載されていない!

その後、小一時間さまよった挙句、この動画にたどり着き、無事解決。

綺麗に印刷できてます。2万円で買ったオモチャですが、これだけ綺麗に印刷できるなら、十分かな。

後、上記の手間がめんどくさい!って思う方は、AnyCubicがいいんだろうな、と思います。

おまけ

今回、プリンターを AliExpress にある Creality のストアから直接買ったのですが、一つ誤算が。関税が発生し、本体価格に加え、追加で2000円ほどかかってしまいました。あんまり高額なものを海外から買ったことなかったので、関税のことをすっかり忘れていました。もし、Ender-3買おうと思ってるのであれば、日本の Amazon で買うのが安いし早いかもしれません。

以上。印刷したもの、なんかは、また別に機会に。


comments powered by Disqus