前回の続き。

購入した 3D プリンターの Ender-3 は、買った後に改造を施すのが儀式となっています。ということで、テストプリントも兼ねて、色々パーツを印刷し、取り付けてみました。その中で、気に入ったのをいくつか。

良かった改造 その1: Spool Holder

印刷したパーツの中で一番活躍しているかもしれないのがこれ。フィラメントのロールを転がすための台。

使うにはボールベアリングが4個必要なんですが、今回はモノタロウで購入。1個100円ちょっと。これを、穴を空けた密閉容器の中に入れ、フィラメントを供給しています。フィラメントは湿気に弱いらしいので、乾燥剤も一緒に入れています。


良かった改造 その2: Ender 3 X-axis stepper motor damper mount

プリンターを静音化するための治具。

プリンターは4つのモーター(x軸、y軸、z軸、フィラメント供給)でコントロールされているんですが、それぞれのモーターがピーピー煩い。静音化するためには、ダンパーと呼ばれるパーツを取り付けることが一般的なんですが、そのために必要なのがこの治具。

実際、この治具を使ってダンパーをマウントすると劇的に騒音が低下しました。ただ、このパーツを使うためには結構分解しないといけない。。。後、Y軸についても同様に治具が必要なのですが、上記の Reddit にある治具はどれも使えず。結局自分で設計図から作りました。気が向いたら公開するかも。


良かった改造 その3: Creality Ender 3 / Ender 3 Pro / Cr-10 Extruder Knob

フィラメントをマニュアルで供給するためのノブ。フィラメント交換なんかの時に大変役立ちました。印刷はちょっと手こずりましたけど。


イマイチだった改造 Ender 3 Vent Ring

射出されたフィラメントに効率的に空気を送って冷やし、品質を上げましょう!っていうパーツ。

やっている人多いんだけど(Like が3000以上ついてる)、イマイチ効果がわからず。そして、最大の難点は、ノズルにアクセスしづらくなるため、ノズル周辺に付着してしまったフィラメントの掃除ができない事。 そもそも、ヒーターのファンのインパクトが強すぎて、フィラメント冷却用のファン自体の意味がわからない(笑)


おまけ

プリンター改造しつつ、色々印刷した結果、トイレがこんな感じになりました。

以上。


comments powered by Disqus